忍者ブログ
三年以上日記コンテンツの名前として使っていた「MURMUR」の発音を「むーむー」だと思い込んでいた小説書きの日々の呟き。でも、声でかい。 ※ハイテンション&一人ボケツッコミ過剰につき注意。
[1148] [1149] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142] [1141] [1140] [1139
Posted by - 2017.09.25,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 曽野 十瓜(ソノ トウリ) - 2013.11.11,Mon
 このごろ暇さえあれば一人でカラオケに行っている私です、こんばんは。

 やー、ストレス発散になるので。フリータイムで10時間ほど居座り、疲れたら空いた時間で作業などもしようと思うのですが、あんまり疲れないので時間が空かず作業、ができません(ドヤ顔)。
 以前はすぐ喉が嗄れて痛くなっていたのですがね……。あんまり痛くならなくなったのですよ。その理由が、コレ、「ほっかむり歌唱法」。コレを始めてからというもの、ヒトカラがはかどるはかどる。
 では、その方法をご紹介しましょう。なに、とても簡単です。

1、薄手のシャツやブラウスやストールなどを用意する。
2、カラオケルームに入ったら、おもむろに頭から「ほっかむる」。顔の前に布地を垂らすのがポイント。
  歌詞? そんなもん、透けて見えます。
3、熱唱する。

 以上。
 これで、口周りの湿度が保たれ、喉の渇きが激減します。
 ここで注意すべきは、布地の厚さ。うっかりすると、布の厚さに邪魔されきって歌詞が全く読めなくなります。

 ね? 簡単でしょ?

 「歌うのが好き! だけど、喉が弱くて……(´Д`;)ヾ」というあなたは、どうぞお試しあれ。
 同じような方法で「マスク装着歌唱法」もありますが、あれは確かに喉は渇かないものの、口が開きにくいという弱点がありますからね。うむ。

 また、この「ほっかむり歌唱法」には、喉の渇きを抑える他にも、顔を隠す効果があるため、「うたスキ動画」などで「カラオケの動画を撮ってみたいけど、顔が映っちゃうのはちょっと……(´Д`;)ヾ」というあなたにもうってつけです。

 さぁ、あなたもレッツほっかむり!

 【注意】ヒトカラ以外で行うと、超白い目で見られること間違いなしです。

--------

  ……実は、前々からうたスキ動画を重ねて、(ハモれてない)ハモリ動画を作るのが好きでして。顔は出さずに部屋の壁を映したりして動画を撮っていたのですが、あるとき、うっかりカメラが天井に向いてしまっておりまして。天井だけを映すと、規約に引っかかって動画が削除されてしまうのですが、それをすっかり忘れておりまして。
 で、動画を消されたと。
 で、ムキーとなって、手近にあった綿シャツをかぶって動画を撮り始めたら、ハマったと(笑)。

 でも、まぁ、『亡國覚醒カタルシス』とか、原キーでは途中で力尽きて絶対に歌えなかったのに、ほっかむりをしたら、なんとか辛うじて歌えることもあったりする(←……)ようになったんですよね。重宝、重宝。

 そんな感じで、うたスキ動画で、下手の横好きでこんなん(平沢進『環太平洋擬装網』)とかあんなん(平沢進『Siren*セイレーン*』)とか撮って遊んでます(うたスキ会員の方でないと試聴できません。ごめんなさい)。ハイ。9割方平沢です、ハイ。

 それにしても、動画撮ってて思うこと。
 
 ……日に日に太っていく……orz

拍手

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
(返信済の場合、頭に♪が付きます)
♪:無題
(06/06)
♪:無題
(04/11)
(01/31)
♪:無題
(01/21)
最新TB
(07/01)
(06/05)
プロフィル
HN:
曽野 十瓜(ソノ トウリ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
●お肉が好きな、わりと陰気な感じの人。
●永遠の18歳……いや、28歳と言い張りたいお年頃の人。
●雪国でコテと暮らしながら、うねうねと小説を書いている人。
ネットで発表した小説を出版した後も撤去しないバカチャレンジ精神旺盛な人。

-------------
■スパムが多かったため、TBとコメントは全面受付中止いたしております。
■相互リンクの依頼は受け付けておりません。
■管理人が不適切と判断したものは削除いたします。また、コメントにお答えいたしかねる場合もあります。ご了承下さい。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]